重要事項

dental care

料金で見る歯科治療は

「保険診療では使える材料が限られている」国民皆保険制度のある日本では、医療費は基本的には公的保険でカバーされている。とはいえ、どんな治療も保険が使えるわけではありません。対象は原則として病気の治療に限られており、歯科ならむし歯や歯周病がそれに当たります。つまり、むし歯や歯周病と診断されて、削る・詰める・クラウン(被せ物)やブリッジ・入れ歯をつくるなどの治療を受けた際には、保険が効きます。これに対して歯を白くするホワイトニング、歯並びをきれいにする矯正歯科治療などは、美容目的と考えられるため、特別な場合を除いては全額自己負担、つまり自由診療になります。保険診療科か自由診療科かを分ける基準は、それだけではありません。

優れた材料は料金が高くなる

むし歯や歯周病などの病気と診断されても、保険でできる治療とできない治療があります。歯科は医科に比べ、自由診療の領域が広いのです。むし歯や歯周病の治療では、傷んだ歯を修復したり、失った歯を人口の歯で補ったりします。この治療を補綴といいます。補綴の分野では様ざまな材料を使いますが、この材料に多くの種類があります。被せ物をつくるにしても、どの材料を使うかで使い勝手や丈夫さ、美しさなどが違ってきます。当然、機能性や耐久性、審美性などに優れた材料は高価です。しかし、保険診療で使える材料は決まっていて、高価なものは入っていません。ですから、優れた材料を使用しようとすると、自由診療になってしまうのです。歯は(噛む・話す)など生活の質に大きな影響を与えます。様ざまな方向から歯科医と相談して、納得のいく治療を受けてください。